title(min).gif (6109 バイト)

第4回五色百人一首大阪南大会開催報告
(過去最高の163名の参加があり、レベルも非常に高い大会でした)

bar.gif (965 バイト)

| Print |

bar.gif (965 バイト)
平成14年2月23日、第4回五色百人一首大阪南大会が行われました。

参加者はいままで最高の163名。

しかし参加者が多くても、第1回大会からの大阪南支部の方針

「全員ができるだけたくさん試合をして楽しむ」

「他校児童と触れ合う」

を変えず、パンフレットにもその趣旨を載せました。

開会

kaikaisiki4.jpg (9224 バイト)

 開会式は、全員低学年の会場(教養娯楽室)で行いました。

 開会式では,「どらえもんじゃんけん」などじゃんけんゲーム2種。

 緊張した子どもたちの顔がいっきに和らぎました。

握手

akusyu4.jpg (11897 バイト)

 この大会は、「試合をするだけでなく、子どもたちのふれあい、友達作りの場にしたい」というコンセプトを持って第一回大会より運営しています。

 そのため、開会式でのミニゲームや試合前の握手も必ず行います。

試合開始

taisenhyoukoukan.jpg (10953 バイト)


siai4.jpg (10980 バイト)


kanedasiai4.jpg (11814 バイト)

 低学年、高学年と会場を別にして行いました。高学年は隣の部屋で行いました。高学年の部屋にはぎっしりずらりと並べた座布団約120枚。 (会場には30枚ほどしか座布団がなかったので、福祉センター,老人集会所などから座布団を 140枚ほど借りました)

 全員が8試合行いました。もちろん待ち時間は0分です。 1試合が終わると,対戦カードに勝った,負けたと枚数を書き込み、座布団を一つずつずれて対戦相手を変えていきました。(同じ学校同士対戦にならないように配慮しました。)

 しーんとした会場に上の句が読まれると「ハイッ」という子どもたちの真剣な声が響き、札を取り合う姿があちこちで見られました。

 理事として第1回大会から対戦の様子を見てきましたが、「いままでで一番レベルが高い」という感想を持ちました。 上の句で「ハイ」「ハイ」とほとんどの子が取るのです。下の句まで聞いてから取る子はいませんでした。

 あまりのすごさにびっくりしました。しーんとした会場に張り詰める緊張感。
子どもたちの真剣なまなざしにぞくぞくしました。

 低学年の部も,子どもたちがあまりに早く札を取るので保護者の方も驚いておられたようです。
 

休憩、決勝進出者発表

to-namennto4.jpg (9170 バイト)

 子どもたちが休憩している間に、対戦カードを集計し、決勝進出者を選出しました。

 決勝トーナメントでは、対戦カードの「勝ち数」と「取った枚数」を判断の基準とし、低、高それぞれ上位16名を選出しました。


そして決勝トーナメント

kessyou4.jpg (10284 バイト)
torofi-ono.jpg (9706 バイト)
syuugousyasinn4.jpg (13227 バイト)

 決勝戦は全員が見ている前で行いました。

 色は第3者によるくじ引きで決めました。

 ものすごい試合でした。 見学者,保護者からも盛大な拍手が送られました。 低学年の部優勝、準優勝ともに今年はなんと1年生でした。

 








表彰式の後、記念撮影。


参加賞

sankasyouomote.jpg (21462 バイト)
sankasyouura.jpg (24427 バイト)

 参加賞ラミネートカードは賞状様式で,名前も手書き(毛筆で)入れました。
 「自分の名前があるからこそ,価値が数倍になる」という感想もいただきました。




 裏側です。
ラミネート式の参加賞は大好評でした。
bar.gif (965 バイト)

五色百人一首大阪大会トップページへ

bar.gif (965 バイト)