title(min).gif (6109 バイト)

第3回五色百人一首大阪大会開催報告
(今回より大阪北部、市部、南部の3地域で大会が開催されています)

 2月17日、和泉市コミュニティセンターにて、第3回五色百人一首大阪大会が開かれました。

 参加者は、大阪市、堺市、高石市、和泉市など広範囲から120人。
会場は子どもたち、見学者の熱気で暑いぐらいでした。

 また、今年は和泉市教育委員会の後援を始め、和泉ロータリークラブ、大阪府かるた協会の後援、どりむ社(株)の協賛があり、20日の産経新聞朝刊で大会の様子が写真入りで紹介されるなど大会規模もずいぶん大きくなりました。

受付 (13:00)

uketuke.jpg (9605 バイト)

 名前をチェック後、名札、対戦表、大会パンフレットを渡しました。

 

開会 (14:00)


kannbann.jpg (10240 バイト)
 開会式は、全員高学年の会場(教養娯楽室)で行いました。会場は子どもたちであふれかえるほど。また、保護者席もすぐ満席になり、入り口、廊下までもいっぱいでした。

 開会の挨拶の後、「どこから来たか」の紹介をしました。
子どもたちに立ってもらい、「堺市から来てくれたお友達です。」「大阪市から来てくれたお友達です。」など、紹介すると大きな拍手が起きました。

ミニゲーム


minige-mu.jpg (9797 バイト)
 この大会は、「単なる試合だけでなく、子どもたちのふれあい、友達作りの場にしたい」というコンセプトを持って運営しています。
そのため、毎年少しの時間ですが、ふれあいゲームを取り入れています。

 今年は「じゃんけん質問ゲーム」
じゃんけんをして、勝つと相手に質問できます。「どこの小学校?」「何歳ですか?」「どんな食べ物が好き?」など。
違う学校同士、楽しみながらじゃんけんをする姿が見られました。(写真はゲーム優秀者のインタビューです)

試合開始 (14:15)

siaihuukeizentai.jpg (9704 バイト)
siaihuukeidai.jpg (10671 バイト)

 低学年、高学年と会場を別にして行いました。

 始めにルール説明。実際に試合をしながら1枚読んだら1つのルールを言っていきました。

 そして、試合開始。

 大阪大会は第1回大会より競技かるたの源平戦にとらわれず、20枚のうち19枚を試合して多く取ったものが勝ちというルールを採用しています。

 試合前、対戦カードに相手に名前を書いてもらい、1試合終わるとそこに勝った(○)負けた(×)を書き込み、座る場所を1つずれて対戦相手を変えていくのです。

 このため、待ち時間も0分で、全員8試合行うことができました。


 しーんとした会場に上の句が読まれると「ハイッ」という子どもたちの真剣な声が響き、札を取り合う姿があちこちで見られました。

休憩、決勝進出者発表 (15:15)

kessyouto-namennto.jpg (10637 バイト)
 子どもたちが休憩している間に、対戦カードを集計し、決勝進出者を選出しました。

 低、高学年から各8名ずつ別々のトーナメントです。

 勝ち数と取った枚数を判断の基準としました。

決勝戦開始 (15:25)

kessyoukenngaku.jpg (9604 バイト)
kessyousen.jpg (9509 バイト)
syoujyoujyuyo.jpg (8382 バイト)
syuugousyasin.jpg (8953 バイト)

 決勝戦は全員が見ている前で行いました。

 色は第3者によるくじ引きで決めました。

 ここまでくる子はさすがに強者揃い。上の句の2,3文字を言うだけで「ハイッ」と札を取る姿に見ている子も、保護者も感嘆の声を上げていました。

 低学年の部決勝の様子です。

 大勢の保護者や子ども達が見つめ、しーんとした会場に、緊張感が漂いました。

 そして試合が終わり審判が枚数を数えました。

 審判が「8枚です」、1瞬の静寂後、もう一人の審判がいいました。

 「9枚です!」その瞬間、わあ〜と大歓声が起こりました。

 たった1枚差での勝利でした。
 勝った子にも負けた子にも大きな拍手が送られました。

 高学年の決勝戦は、4年生の男の子と、6年生の女の子の対戦でした。
この試合もすごい対戦でした。

 審判も思わず手に汗握るほどです。これも勝負がついたのはわずかな差で、6年生の女の子が優勝しました。

 試合後の大きな拍手。競技かるたも顔負けのすごい試合でした。
 

アンケート結果(82名分回収)

 

  1. 今日の大会は…「すごく楽しかった」…75人
                  「楽しかった」…………5人
                  「ふつう」………………1人
                  「あまり楽しくなかった」1人
                  「楽しくなかった」……0人
  2. 来年もこのような大会をしてほしいと思う…82人                           思わない…0人
  3. 来年の大会にも参加したい………………70人
                できれば参加したい……12人
                参加したくない…………0人

    感想 

    • 決勝には残れなかったけど、友達がたくさんできたのでよかった。
    • この百人一首大会はすごく楽しかったので、来年も必ずやってほしい。そして、参加したい。
    • とても楽しかった。来年は絶対優勝したいです。
    • みんな強くて、半分も勝てなかったけど、すごく勉強になりました。また来年も来たいです。
    • いつもやっているクラスのみんなと違って、やりがいがありました。みんな強くて、それだけ楽しかった。
    • はじめてでたけど、とっても楽しかった。
    • なんか、すごく勉強できました。他にも強い人がいっぱいいたんだなあと思いました。
    • たくさん試合ができて楽しかった。1回負けたら終わりじゃない所がいいと思った。
    • いろんな人が参加していて、みんな強くて、とても楽しかった。
    • はじめてだけど、メダルをもらうことができてうれしかったです。
    • おもしろかった!絶対来年もでたい!!

    (保護者より)

    • 子どもたちの真剣さが伝わってきて、いい緊張でした。とてもすばらしい大会をどうもありがとうございました。
    • 五色百人一首をはじめてしました。1回戦ごとに短時間で終わるので疲れず、楽しめてよかったと思います。
    • ルールにとらわれず、8試合を体験させるのがとてもよかったです。色を選べないのが少し難点かなとも思います。
    • 子どもたちがあまりに素早く札を取るので、びっくりしていました。家でも夢中になるわけが分かりました。どうもありがとうございました。

        
bar.gif (965 バイト)

五色百人一首大阪大会トップページへ

bar.gif (965 バイト)